ようこそ! このブログは、PHPとMysqlを使って作成したオリジナルプログラムを、QHMに読み込んで表示させています。

2009・8

a:1509 t:1 y:0

◆カテゴリ別アーカイブ◆ |★QHM開発日誌|★HipHop|★英語クラブ| ★MyPet|★その他|
◆月別アーカイブ◆ |★2009・10|★2009・9|★2009・8| ★2009・7|★2009・6|★2009・5|

KazumiのMyBoom!: その他 アーカイブ

2009/08/31

Mario サイコー!

最近、我ながら、だいぶHipHopらしくなってきたよ。
週に2日しかレッスンないんだけど、Marioの音楽しょっちゅう
かかるから、もう最高です!

インストラクターのクニオキさん踊りも、なかなかイケテルと思う。
自分にあっているのだと思う。

別のクラスに出た時は、いまいちだったし。。。
早くまた踊りたい!!

気分良く汗かいてサイコーだよ〜。。

投稿者 kazumi : 01:32 | コメント (0) :ダンス

2009/08/30

phpを書く

さてさて、開発中の画像検索プログラムですが、
いよいよPHPの編集に取り掛かりました。

ここまでの経緯は、
?データベースにテーブルを作成
?サンプルデータをインサート
?サンプルデータと整合性のとれた画像を、
サーバーにアップロード
?完成イメージのHTMLファイルを作成。

ここまでを先週までにやっておいたので、
今日は、いよいよphpのプログラム編集に突入。

まず、今日やった実習は、データベースに接続するための
クラスファイルを作成して、簡単なテストファイルで、
実行できるかどうかテスト。

なかなか、説明されているときは、わかっているつもりでも、
いざ一から書くとなると、なかなか難しい。でも、
リファレンス見ながら、チャレンジ。
なんとか実行に成功!

今日先生が紹介してくれたPHPリファレンスサイトは
こちら。↓
http://www.php.net/manual/ja

今日スクリプト書きながら思った。
やっぱり、何事も実践ありきだなあ〜 と。

実際に書いてみて、実行させる。
そうすることで、なんども読んでわかったつもりでも
書けなかったスクリプトが、書けるようになる。

実行して成功した時の感動が、体と脳に、鮮明に
記憶されるみたいだ。

実際に編集しながら、覚えたことは、なかなか忘れないかも。。

あと、今日の成果は、arry とassocの違いが感覚的に
理解できたことかな??

Perlを使ったCGIの講習の時に、説明だけは聞いてたから、
配列と連想配列の違いはわかっているつもりだったけど、
実際に、プログラムに使うとなると、すぐに反応できない。

やっぱり、スクリプトはとにかく簡単なコードを書いて
実行する。
動きと機能を確認する。
成功体験を増やす。

この繰り返しと積み重ねなのかもしれない。。

あとは、どのリファレンスを使うかもとても重要な気がする。

知りたい情報をすぐに探せないと、先に進めないから。

来週の日曜日の授業までに、今日出された宿題を、きっちり
やらなくちゃ。。 

投稿者 kazumi : 19:36 | コメント (0) :Webプログラミング

2009/08/21

久しぶりにSQLコマンド書いてみた。

今日は、久しぶりにSQLのDDL文書いてみた。というのも、連日の寝不足に鞭打って(?)仕事帰りに学校に行ったら、SQL大好きなインストラクターの先生がいたので。。。
ずいぶん前から、ちょっと変わった画像アップローダーのアプリケーション開発の相談をしていて、かなり具体的にデータベースのテーブルの要件定義もすませたのに、サイトの更新にかまけていて、全然そちらは進んでいなかったので、ちょっと焦った(~~;)言い訳をすると、実際問題、どこから手をつけるのが効率が良いのかわからなかったから。。

今日の話だと、まずはDBとテーブルを実際に作成して、サンプルデータをいれてから、PHPを書き始める方がよいみたいだ。

私のイメージだと、ある程度、HTMLとCSSのテンプレートだけでも用意してからの方がよいのかな〜 と思っていたのだけど、先生が言うには、その方法もありだけど、基本的には、MYSQLのテーブル作成してサンプルデータをインサートして、そこで使用する画像本体を保存するディレクトリをサーバーにきちんとつくっておいて、サンプル画像もアップロードしておく。
要は、プログラムを書く前に、ある程度の構想がまとまっているのだから、テストできる環境を先にととのえておく必要があるということらしい。。。

たしかにね〜。それがないと、実際PHPスクリプト書いても、実行させられないし。。。(PHPは、自分で一から書くのはまだ、ぜんぜん無理なんだけど。。)

ずいぶん前から、構想を煮詰めてきたから、イメージだけは固まっているんだけど、どこから手をつけるのが良いのかがちっともわかってなかったんだなあ とまたまた実感・・ほんとトホホ・・・です。

でも、またかなりモチベーションが上がったので、今度の日曜までに、データベース作成とサンプルデータのインサートまでは
終わらせるぞ!! ファイト!


投稿者 kazumi : 02:02 | コメント (0) :Webプログラミング

2009/08/06

testサイト作成中

いろいろ思考錯誤を重ねても、なかなか決まらない。
でも、おかげさまで、ある程度のアクセスはあるようなので、
考え方を変えて、先にテストサイトを作ってみようと思う。

本来のWeb制作の原点に返ってみるのもありかと。。。
テストサイトは、今のところ、Web制作の基本に忠実に、
また、本当の初心者にもわかりやすい内容のサイトにしようと
思っている。

まずは、
サイトのテーマ・目的・ターゲットユーザーを明確にして、
必要なコンテンツを洗い出して
サイトの構成図を作成する。
制作の方針を決める。

それが決まってから、各ページの画面デザインを考えて
具体的な制作にとりかかる。

う〜ん。ほんとにそうだなあ と思う。
実は、これは、CSSのスタイル辞典を読んでいたら、
書いてあった。

このWeb制作の流れは、学校でも習った。
きっと基本中の基本なのだと思う。

それに、この流れでサイトを作成するのが、結果的には一番効率が
いいようにも思えてきた。
やはり、行き当たりばったりでサイトを作成しても、
ある程度作成すると収集がつかなくなって行き詰ってしまう。
私のように。。。。。。

QHMは、簡単にページが作成できてしまうのが一番のメリット
だが、全体像を見えていないのに、サイトを公開できてしまうので、ユーザーにとっては、非常にわかりづらいサイトになって
しまう可能性が大である。
これは、ある意味、すごいデメリットだと思う。

QHMは、初心者向きというよりは、WEBサイト作成経験者向き
のツールであるかもしれない。

なぜなら、Webサイト作成に必要不可欠で、どんなプロでも
面倒と感じる作業が何かをわかっていないと、QHMの良さ、
すごさが、なかなか実感できないと思うから。

よって、しばらくは、このブログを更新しながら、公開済みのサイトと、テストサイトを少しづつ更新していこうと思う。

ちなみに、HTMLとCSSとJavaScriptのみで
テキストエディタでWebページ作成するのも、非常に
練習になるので、お勧め。

特に、CSSが理解できると、QHMのカスタマイズについても
かなり自由度が高くなる。

MyStoreでも紹介しているが、この本は、結構つかえるので
紹介します。








投稿者 kazumi : 12:56 | コメント (0) :QHM開発日誌

powered by Quick Homepage Maker 4.25
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional